ホワイトニング

main image

ホワイトニングで
白く美しい歯に

ホワイトニングで白く美しい歯に

歯は毎日の食事や喫煙、また加齢などの影響によって、年々黄ばみを増していくもの。もし、あなたが歯の黄ばみでお悩みなら、ノア歯科クリニック中目黒の「ノア・ポリリン・ホワイトニング」をおすすめします。

ノアのホワイトニングは体に安全な薬剤を使って歯を白くするだけでなく、お口の健康を守り、虫歯予防・歯周病予防にも効果的です。あなたも白い歯がのぞくさわやかな笑顔を手に入れてみませんか?
※ホワイトニングは、自費診療となります。

「ノア・ポリリン・ホワイトニング」とは?

ホワイトニングってなに?

白さを追求し
歯の健康を守ります

ノア・ポリリン・ホワイトニングは、「分割ポリリン酸Na」「炭素」配合によりホワイトニング効果を高めながらも、従来のホワイトニングの欠点(しみる、白くならない、色戻り・・)を克服した「歯を守りながらも、美しい白い歯をつくる」画期的なホワイトニングです。
さらに、「虫歯予防」「歯周病予防」の効果も期待できるため、美しく健康へ導きます。

ホワイトニングとは・・・

医療機関で行うホワイトニングは、歯科医院でしか取り扱うことのできない薬剤と光照射により、歯の着色・歯自体の黄ばみを分解し、「本来の歯の白さを取り戻す」だけでなく、「 あなたの本来の歯の色よりも白くする」ことが可能です。

クリーニングや市販の歯磨き粉、エステサロン等のホワイトニングでは歯の汚れは落とせても、歯の色を白くすることはできません。また、セラミック治療等と違い、歯を削ったりせずに白くすることができます。
加齢とともに、色の濃い飲食物による歯の色素沈着が原因で、歯が黄ばんでくることがありますが、そのような場合でもホワイトニングは原因の着色そのものを分解するので、ホワイトニング効果が期待できます。

分割ポリリン酸Naとは・・・

ポリリン酸は、生体内にもともと存在する安全な生体高分子です。
ポリリン酸には、長さがさまざまあり、「長鎖・中鎖・短鎖」によって効果が変わります。ホワイトニング効果を最大限発揮するのは「短鎖」を精製・使用した分割ポリリン酸Naです。

ノア・ポリリン・ホワイトニング
7つの特徴

  • 1従来のホワイトニングの
    約3倍白く
    なる
  • 2痛みがでにくく、しにみくい
  • 3白さが長続きする(色戻りが少なく、着色しにくい)
    (色戻り、着色しにくい)
  • 4透明感のある自然な白さ
    になる
  • 5歯にやさしい(歯を傷つけず、歯表面をコーティング)
    (歯を傷つけず、コーティング)
  • 6食事制限なし(直後から色の濃いものでもご飲食OK)
    (直後から飲食OK)
  • 7虫歯予防、歯周病予防
    効果が期待できる
 
 ノア・ポリリンホワイト
従来のホワイトニング
エステサロン
白さ


約3倍白くなる

×
医療機関以外は全て
「歯の汚れを取る」ものであり
歯を白くするものでは
ありません。

ナチュラル感


透明感のある白さに

持続効果
×
歯へのダメージ
×
食事制限


なし

×
あり

白くするわけではないため、
関係なし

痛み


しみにくい

×
しみやすい


しみにくい

ノア・ポリリン・ホワイトニングで
歯を白くする3つのメリット

メリット
1
笑顔に自信がつき、
思い切り笑えます

メリット 1. 笑顔に自信がつき、思い切り笑えます

自分に自信が持て、積極的になり、人の目を気にせず歯を見せて笑うことができます。

メリット
2
周囲からの好感度アップ

メリット 2. 周囲からの好感度アップ

白い歯はあなたを若々しく明るく美しくします。キレイになりたい、人と接する仕事をしている、大切な行事がある、そんなあなたにお勧めです。

メリット
3
歯を守り、全身の健康にも
つながります

メリット 3. 歯を守り、全身の健康にもつながります

虫歯や歯周病の予防にも効果が期待できるため、歯とお口の健康を守ります。全身の健康のためにはお口の健康を保つことが大変重要です。

このような方に
おすすめです

このような方におすすめです

  • 人前にでることが多い方
  • 若々しく美しくなりたい方
  • コーヒーや赤ワインが好きな方
  • 歯の黄ばみが気になる方
  • 営業の仕事で印象を良くしたい方
  • タバコ等で歯の汚れが気になる方
  • 自分の歯を守りたい方

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。「ノア・ポリリン・ホワイトニング」を、歯科医師または歯科衛生士が施術いたします。歯の表面に薬剤を塗布し、特殊な光を当てて歯を徐々に白くします。

効果が現れるのが早いため、大切なイベントを近くに控えている方、すぐに白さを手に入れたい方におすすめです。

ホームホワイトニングと併用することで、より色の後戻りを防ぎ、美しい白い歯を維持できます。(デュアルホワイトニング)

メニュー・料金 

※すべて税別表示

メニュー・料金

【 オフィスホワイトニング16本 】

お試しホワイトニング
(ほんのり白くしたい方)
9,800円/40分
スタンダードホワイトニング
(基本のプラン)
15,000円/50分
ハイホワイトニング
(しっかり白くしたい方)
25,000円/70分
※追加1本500円
※通院回数1回

【 オフィスホワイトニング16本 】

お試しホワイトニング(ほんのり白くしたい方)
9,800円/40分
スタンダードホワイトニング(基本のプラン)
15,000円/50分
ハイホワイトニング(しっかり白くしたい方)
25,000円/70分
※追加1本500円
※通院回数1回

【 前処理オプション 】

ポリッシング
(ポリリンジェルで歯垢・着色を除去)
1,500円
クリーニング
(表面16本)
3,900円

【 前処理オプション 】

ポリッシング(ポリリンジェルで歯垢・着色を除去)
1,500円
クリーニング(表面16本)
3,900円

※最初は1ヶ月内に2~3回の施術をお勧めします。
 [目安] スタンダード:3回、ハイ:2回
※白さの維持と種々の予防には、3~4ヶ月に1回が目安です。
※複数回割引コースもございます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。奥歯を含む、すべての歯を白くできます。
初めに歯科医院で歯型を採り、あなた専用のマウストレーをつくります。ご自宅でその中にホワイトニング薬剤を入れ、好きな時に一定時間装着することで歯を白くしていきます。

効果を実感できるまでに時間がかかりますが、色が後戻りしにくいというメリットがあります。

既存のホームホワイトニングの問題点
  • 漂白効果を高めると痛みを生じやすい
  • 痛みのない濃度に下げると漂白効果も低下する
  • 脱水状態を起こすため、色戻りしやすい
  • 色の濃い飲食物に対して制限がある
  • 装着時間が長い(2時間程度)
ノアのホームホワイトニングの特徴
  • 漂白効果が高く、痛みを生じにくい
  • 歯を脱水させずに表面をコーティングするため、色戻りしにくく効果が持続する
  • 色の濃い飲食物もOK
  • 続けるほど歯が強くなり、健康で透明感のある白い歯になる
  • 装着時間が短い(ライト有:8分、ライト無:20~30分)
  • 状態によって薬剤を選択し、あなたにあったホワイトニング剤を処方
既存のホームホワイトニングの問題点
  • 漂白効果を高めると痛みを生じやすい
  • 痛みのない濃度に下げると漂白効果も低下する
  • 脱水状態を起こすため、色戻りしやすい
  • 色の濃い飲食物に対して制限がある
  • 装着時間が長い(2時間程度)
ノアのホームホワイトニングの特徴
  • 漂白効果が高く、痛みを生じにくい
  • 歯を脱水させずに表面をコーティングするため、色戻りしにくく効果が持続する
  • 色の濃い飲食物もOK
  • 続けるほど歯が強くなり、健康で透明感のある白い歯になる
  • 装着時間が短い(ライト有:8分、ライト無:20~30分)
  • 状態によって薬剤を選択し、あなたにあったホワイトニング剤を処方

メニュー・料金

※すべて税別表示 

【 ホームホワイトニング 】

ポリリンホームホワイトニング 18,000円

※内容:専用マウスピース上下+ホームホワイトニングジェル1本(約1週間分)
※通院回数2回

【 ホームホワイトニング 】

ポリリンホームホワイトニング
18,000円

※内容:専用マウスピース上下+ホームホワイトニングジェル1本(約1週間分)
※通院回数2回

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

オフィス×ホーム。それぞれの短所をカバーし、早く確実に白く、そして美しい歯を長く持続できます。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングを組み合わせた最も効率的かつ効果的なホワイトニングの方法です。

デュアルホワイトニング
・スタンダード
 
ホワイトニング×3回
・ホームホワイトニング

①専用マウスピース上下
②ホームホワイトニング
ジェル1本(約1週間分)
58,000円
通常:63,000円
オフィス
(15,000円×3回)
+ホーム
18,000円

■ 来院回数:3~4回

主なリスク・副作用

ホワイトニングには安全性が確認された材料を使用しておりますが、ホワイトニングを控えた方が良い方もいらっしゃいます。

ホワイトニングを控えた方が良い方
虫歯や歯周病、
歯にヒビが入っている
虫歯等の治療前に行うと痛みがでる可能性があります。
妊娠中・授乳中 安全性は確認されておりません。
子ども 特に14歳以下(できれば16歳以下)の場合、歯の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。
無カタラーゼ症 ホワイトニングの薬剤が原因で口腔壊死などを引き起こす危険があります。
光過敏症 オフィスホワイトニングは光を照射するため、光に対して過敏症のある方は、光を照射しないホームホワイトニングをおすすめします。

ホワイトニング 症例

治療前 治療後
治療前 治療後
-治療内容-
  • 上下顎のホワイトニングを行いました。
-治療費用-
  • 15,000円+TAX
-治療期間-
  • 1日
-主なリスク・副作用-
  • ホワイトニング後にしみが生じる可能性があります。

ホワイトニングの流れ

カウンセリング
まずはカウンセリングで、どのくらい白くしたいのか、ホワイトニングを行う上で不明な点や、疑問に思う事などお話しください。
ご要望に応じてあなたに合った、ホワイトニングの方法をご提案し費用等のご説明をさせていただきます。
ホワイトニングで不明な点があればカウンセリングで全て解決されるまでお答え致しますので、ご安心ください。
口腔内チェック
ホワイトニングを行う前に虫歯がないかなど、一通り口腔内をチェックいたします。
写真撮影
ホワイトニング後の変化が分かるように、ホワイトニング前に歯の色を写真に撮ります。
  • オフィス
    ホワイトニング
  • ホーム
    ホワイトニング
  • 歯の汚れ除去
  • 型取り
    マウスピース作製
  • 歯の表面に付着している汚れを除去します。
    ※ホワイトニング効果を高めるため、ポリッシンング(歯の着色・汚れ除去)、クリーニング(歯石除去)をご希望により承ります。
    ※ポリッシング、クリーニングはオプションになります。
  • マウスピースを作製するために、歯の型取りをします。
    高いホワイトニング効果を感じていただくために、あなた専用の精度の高いマウスピースを作製いたします。
    ※作製までに数日お時間をいただいております。
  • ホワイトニング
    ジェル塗布
  • 薬剤と
    マウスピースの
    お渡し・説明
  • 処置を行う歯の表面にホワイトニングジェルを塗布します。
  • マウスピースが出来ましたら、取りに来ていただき薬剤もお渡しします。
    ホワイトニングのやり方も一緒にご説明します。
  • 光照射
  • 自宅での
    ホワイトニング開始
  • 光から目を保護するためにサングラスを付け、光を照射します。
    照射した光がホワイトニングジェルに反応して歯が白くなっていきます。
  • マウスピースと薬剤が揃い、いよいよご自宅でホームホワイトニングのスタートです。
    白い歯を目指して継続して使用していきましょう。

歯の色のチェック

  • 治療回数(目安):オフィス1回、ホーム2回
  • 治療期間(目安):オフィス1日、ホーム1週間(1週間~毎日継続使用可)

※治療回数、治療期間は目安です。状態や求める歯の白さにより異なります。

ホワイトニングのQ&A

Qホワイトニングは安全ですか?副作用などはないですか?
A

ホワイトニングには安全性が確認された材料を使用し、また施術も丁寧に行っておりますので安心して治療をお受け下さい。

しかし、基本的には安全なホワイトニングですが、ホワイトニングを控えた方が良い方もいらっしゃいます。

①虫歯や歯周病、歯にヒビが入っている方
ホワイトニングの薬剤の影響で痛みがでる可能性があるため、虫歯や歯周病などの治療後にホワイトニングを受けるようにしましょう。

②妊娠中や授乳中
一般的に13歳~14歳で大人の歯(永久歯)が生えそろいますが、生えて間もない歯は唾液などからミネラルを取り込み、2~3年かけて成熟し硬く強い歯になります。そのため特に14歳以下(できれば16歳以下)の場合、歯の成長に悪影響を及ぼす可能性があるため、ホワイトニングは控えましょう。

③無カタラーゼ症
無カタラーゼ症とは、体内のカタラーゼが不足することにより過酸化水素の分解ができない病気です。ホワイトニングの薬剤が原因で口腔壊死などを引き起こす危険があるためホワイトニングは行えません。

④光過敏症
ホワイトニングには、オフィスホワイホワイトニングとホームホワイトニングがあり、オフィスホワイトニングでは、ホワイトニング剤の反応を促進するために光を照射します。そのため、光に対して過敏症のある方は、光を照射しないホームホワイトニングをおすすめします。

Q痛みはありますか?
A

健康な歯に対してホワイトニングを行った場合、痛みはありません。
また、当院で行っているホワイトニングは一般的なホワイトニングと比較し、
しみにくく痛みにくいのが特徴です。他のホワイトニングで痛みが強くてできなかったという方にもおすすめです。しかし、普段から冷たいものなどがしみる方、知覚過敏のある方はホワイトニングの薬剤やオフィスホワイトニングで使用する機械から発する光の熱により、しみるような痛みを感じる方もまれにいらっしゃいます。その場合は、照射時間や回数、薬剤を調整し、ご対応いたします。

また、虫歯のある方や歯に亀裂のある方、前に治療した歯がありその詰め物と歯の間に隙間がある方、歯ぐきがさがってきて歯根という歯の根っこが露出している方も痛みを感じる場合があります。

当院では、ホワイトニングの前には歯科医師がしっかりと診査を行ったうえで行いますので、気になることがありましたらお気軽にお声がけください。

Qドラッグストアやインターネットで販売されているホワイトニングとの違いは何ですか?
A

歯医者さんで行うホワイトニングは、歯を白くするために歯を漂白して「歯自体の色を白く」します。

ドラッグストアなどの薬局で販売されているホワイトニングは、歯を白くするために「歯についた汚れを落とす、または歯の表面に白く色をつける(歯のマニキュア等)」ものであり、歯自体の色を白くするものではありません。

その理由は、歯医者さんで行うホワイトニングには、歯を白くするために「過酸化水素」や「過酸化尿素」という成分が配合されています。この成分が色素や着色を分解し歯を白くしてくれます。
FDA(米国食品医薬品局)でも安全性が認められていますが、日本の薬事法によりこれらの成分はドラッグストア等で市販されている歯磨き粉やホワイトニンググッズには配合出来ません。いくら安全性が認められた薬剤でも適切な知識と技術のもと使用しなければ歯や歯ぐきを痛めてしまう可能性があるからです。

インターネットで購入できるホワイトニングの場合は、海外からの輸入品であれば「過酸化水素」が入っているものがあります。アメリカなど海外では歯のホワイトニングが日常的に行われているため一般の人がドラッグストア等で購入することが可能です。
しかし輸入品は日本人向けに作られているわけではないため、日本人の歯や歯ぐきには合わない可能性があります。また専門の知識のない方が独自に行うことで、歯や歯ぐきを痛める原因になります。痛めた場合、すぐに治ればいいですが、歯の痛みが消えず歯の神経を除去しなければならなくなったり、歯ぐきが壊死してしまうこともあります。

ホワイトニング自体が危険なわけではありませんが、正しい知識と技術が必要です。ホワイトニングを安全に行うためには専門の知識と技術のある歯医者さんで行うことをお勧めします。

Q喫煙者でもホワイトニングは可能ですか?
A
施術はもちろん可能です。
しかし、喫煙はヤニをつきやすくしますので、喫煙後は水で口をゆすぐ、毎日の歯磨き粉を歯を守りつつもホワイトニング効果のあるものに変更する、汚れがつきにくいように定期的なオフィスホワイトニングの他、ホームホワイトニングも併用してヤニの付着を防ぐ等の対策を行うと良いかと思います。
Q妊娠中、授乳中でもホワイトニングはできますか?
A
オフィスホワイトニングやホームホワイトニングで使用する薬剤の妊婦さんや胎児への影響はわかっていません。妊婦さんや胎児への安全性や影響を立証するデータがないため、確実に大丈夫だとは言い切れないのです。そのため、妊娠中、授乳中の方のホワイトニングは控えた方が良いでしょう。
Q現在、歯の治療中ですがホワイトニングできますか?
A治療している歯がホワイトニング範囲にある場合は、その歯は施術できない可能性がございますが、それ以外の歯はホワイトニングできる場合があります。
Q矯正中でもホワイトニングは可能ですか?
A歯の表面にワイヤーがついた矯正を行っている場合は、ホワイトニングはできません。マウスピース矯正や歯の裏側に矯正装置がついている場合はホワイトニングができます。
Q歯並びが悪いのですが、ホワイトニングできますか?
A可能です。
Q詰め物、被せ物、インプラント等の治療した歯も白くなりますか?
Aホワイトニングで白くなるのは天然の歯だけです。レジン(プラスチック樹脂)、セラミック、金属などは白くなりません。
Qホワイトニング後に注意することはありますか?
A

特に注意することはございません。ホワイトニング直後から色の濃いものでもご飲食可能です。

【一般的なホワイトニング】
一般的なホワイトニングは歯を脱水させて白くします。ホワイトニング後の歯は脱水状態のため、周りから水分を吸収しようとします。歯が水分を吸収する時に一緒に色を吸収し、着色していきます。そのため、数日のうちに色戻りが始まります。

【ノアのホワイトニング】
当院のホワイトニングは歯を脱水させず、水分を保水しながらコーティングします。ホワイトニング後の汚れ・着色の沈着防止効果もあるため、ホワイトニング直後から色の濃いものでもご飲食可能です。

当院のホワイトニングは、歯を白くするだけでなく、その後の着色や黄ばみの防止効果も大変高いですが、それでも一度のホワイトニングだけでは永続的な白さの維持はできません。
経年的に歯は着色し、少しずつ黄ばんできます。
白さと健康な歯を維持するためには定期的に歯医者さんを受診し、クリーニング・ホワイトニングなどのメンテナンスを行いましょう。

Qホワイトニング後、どれくらいの期間、白さを持続できますか?
Aホワイトニングで白くなった後、もとの歯の色に戻るまでの期間は、だいたい3ヶ月~10ヶ月です。生活習慣などにより歯の色戻りの期間は異なります。
Qホワイトニングで白くなった歯を維持したいのですが、どのくらいの頻度でホワイトニングを受ければいいですか?
A
白くなった歯も徐々に色戻りします。オフィスホワイトニングは3ヶ月~4ヶ月に1回、ホームホワイトニングは2週間~1ヶ月に1回行うことで、白さを保ちやすくなります。ホームホワイトニングは毎日行っていただいても問題ありません。
※ホームホワイトニングは自己判断で長期間継続せず、定期的に状態を歯科医師と相談の上継続しましょう。
Qホワイトニングの効果を長続きするコツはありますか?
A
毎日の歯磨きが重要ですが、歯磨きの時に使う歯磨き粉をあなたに合った良いものに変えることで、ホワイトニング効果の持続期間も長くなります。
また、できる方は歯に着色しやすい食べ物や飲み物の飲食を減らすこと、または飲食後に水でゆすぐか水を飲むだけでも違います。
定期的な歯のクリーニングで汚れがつきにくいよう歯の表面をいつも清潔にしておくことも大切です。
Qホワイトニングの治療回数と治療期間を教えてください。
A オフィスホワイトニングの治療回数は1回、治療期間は1日。
ホームホワイトニングの治療回数は2回、治療期間は約 1週間~1ヶ月です。
※治療回数や治療期間は目安であり、実際の歯の状況により変動します。
Qホームホワイトニングはどのくらいで効果がでますか?
Aホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて即効性がないため、効果がでるまでに少しお時間がかかります。開始してから約1ヶ月程度で効果を実感できる方が多いです。
Qホームホワイトニングは1日どのくらい行う必要がありますか?
A約30分、マウスピースを装着してください。
ライトを併用する場合には、8分になります。
Qホームホワイトニングは毎日行ったほうが良いですか?
A間隔をあけて行うよりも、毎日行った方が効果はでやすいです。